Top > 消費者金融 > 消費者金融でお金を借りるメリットとデメリット

消費者金融でお金を借りるメリットとデメリット

消費者金融のメリットはなんといっても銀行に比べてお金を借りやすく数年前までは、本当に簡単な手続きで借りることができました。

当時は今のように法整備が確立しておらず、規定よりも高金利で借り入れていた人がたくさんいました。

これが、最近テレビなどでよく耳にする過払い金というもので現在の規定で計算して多く払い過ぎた金利分を意味します。

過払い金は返還してもらう権利があるのですが、過払い金の払い戻し請求には期限があります。

完済日から10年経ってしまうと時効となり請求権を失効しますので心当たりがある人は過払い金の請求に強い弁護士さんに相談してみることをおすすめします。

消費者金融には貸金業と言う法律があり銀行を規制する銀行法とはまた別の法律の適用となります。

金融業において貸金業法と銀行法が何が一番違うかというと貸金業法には融資金額の制限がある総量規制があることです。

総量規制は、個人の年収の1/3を超える金額の融資を禁止するもので総量規制によって、借り過ぎを防ぐ効果を目的としています。

従って、収入が0の専業主婦たちは消費者金融を利用しようと思っても仮審査の時点で却下されてしまいます。

一方、銀行は銀行法によって規制されていますから総量規制がなく、専業主婦の方でも借入可能となっています。

カードローンの新規に申込場合、一般的には、郵送、電話、インターネットといった申し込み方法があります。

郵送の場合は、店舗や電話にて申込書をもらい必要事項を記入した後に返送して審査結果を待ちます。

問題無く審査に合格しましたら、本人確認証明書や取引口座などの必要資料のコピーを同封して送ると手続きが行われて、カードが郵送されてきます。

ちなみに、ネット経由の申し込みでは消費者金融のサイトへアクセスし、申込フォームに入力して送信するだけです。

メールにて審査通過の連絡が届いたら、記載されているサイトへアクセスして必要書類をカメラで撮影してアップすれば審査完了となる「web完結」が主流です。

比較的簡単に借入ができるとされている消費者金融ですが審査能力は伊達ではありません。

堅実で審査のハードルが高いというイメージが強い銀行カードローンですが、実は審査しているのは消費者金融業者なのです。

貸金業法が改正され大口融資ができなくなった消費者金融業者の多くは銀行の金融業務に関する保証会社となることで銀行グループの関連企業に参入しました。

一般的なイメージでは銀行の方が頭が良さそうだと思われていますが審査の能力やシステムに関しては消費者金融の方が数段上手(うわて)です。

銀行は預金などの業務の一環として金融も行っているだけなので融資を本業としている消費者金融の方が、与信審査の専門性が高いのは当然ともいえます。

【消費者金優.club】によると、消費者金融のキャッシングの金利というと銀行カードローンよりも高いと言われています。

消費者金融のキャッシングの適用金利は3.0%から18.0%というところが多いですが銀行カードローンは1.9%から14.5%(楽天銀行)なので、消費者金融のキャッシングと比較すると明らかに低金利なことが分かります。

消費者金融の最大貸出限度額は500から800万円となっていることが多いのですが銀行カードローンは一部の銀行を除いて800から1200万円まで借り入れることが可能です。

反面、銀行カードローンの場合は事業用資金に使えないなどの制約がありますが消費者金融のキャッシングの場合は事業用資金に使用できることが多いです。

又、銀行カードローンの場合は口座を開設するなどの条件を付けられることがありますが、消費者金融の場合は預金機能がないので、口座開設などといった条件が付随することもありません。

消費者金融

関連エントリー
消費者金融から借金していることは誰にもバレたくない消費者金融でお金を借りるメリットとデメリット
カテゴリー
更新履歴
消費者金融から借金していることは誰にもバレたくない(2020年6月29日)
消費者金融でお金を借りるメリットとデメリット(2020年6月27日)
借り換えローンの場合、利用者は多重債務者が多い(2020年6月27日)
不要な切手は切手買取専門の業者に売ると一番いい(2020年6月27日)
着物買取なら出張査定と店舗持ち込みのどっちがいい?(2020年6月27日)